Nightapollon’s diary

元のブログが行方不明になり作り直します。時にディープな事を言いますがスルー(見逃)してください。

死霊(居ないものをイメージする)

内田さんは六芸のうち「礼」は作法だけでなく、居ないものへの作法と言っています。

たとえば、これまで亡くなっていった者と言うのは語りません。

 

第六感の鈍い私などは分かりませんし、イメージしながら、亡くなっていった者へは慎重な扱いをするしかありません。

霊感など、磁力だの、重力だの、電磁波だの、皮膚感覚だのいっても、どれも第六感、七感、八感などの部類なのかも分かりません。

 

居なくなった者への作法というのも変な感じがしないでもない。

だって、もう居ないのですから、仏壇やお墓がありゃいいじゃないか!な話になってきます。

では、死にゆく者に対し、貴方はもう居なくなるのだから用済みね♡なんてのも酷な気がします。

 

死んだ者は何を想っているのか分かりませんし、余裕のないご時世は、そこまでやってられないというのもわからなく無い。

 

しかし、無念の死と言いますが、言ってるのは・・・あるいは、そう決めつけてるのは残された者です。

無論、楽しんで逝くなんてのは私は見たことありませんし、動物でさえ本能から死を回避するという、痛みからの逃亡な行為もありますから、死とは高等動物でさえ、おっかないものと見ていいでしょう。

 

1番良くないのが決め付けではあるまいか?

あの人は苦しんで逝ったのだから、それなりの供養は必要だ!と。

理屈は分かりますが、何のための49日か分からなくなります。

たぶん、生者死者ともに、落ち着くために設けられた日数分なのでしょうが、それ以下でもどうか?だし、それ以上でもどうか?な部分があるのでしょう。

 

死んだあの人はこう思っているはず!というのも、生者の決め付けです。

それで、言動が左右されるなら、軽くインチキに掛かりにいくようなものではないか?

 

要はもっと、慎重に、見守るものではないか?というのです。

霊能者ではありませんから、ハッキリしたことが言えませんが、居ないものを居るようにイメージすれば一呼吸置けるものです。

 

ただ、そこでまた「○○思っているはず!」となれば、死者と心理的に分離がなされていませんから、思い込みで動くことになります。

 

49日は生者死者ともに慰めの時期として設けられているはずですから、そこから、これからは死者ね!生者ね!と完全分離させて、生活なり死活なりを共にしていかなければなりません。

 

死者に引っ張られるといいますが、生者の思い込みなことがあるでしょう。

つのだ○ろうの流行った時代ではありませんし、ここまでオカルトと遠くなった時代は珍しい。

まぁ、スマホやネット世界がありますから、それどころではないのでしょう。

 

残留思念体は魂魄の魄の部分といいますが、時期に自然浄化するものと言われています。

f:id:Nightapollon:20210516023935j:image魂はエネルギーの総体に還元されるのかしら?

とにかく、死者については・・・あるいは、その場に居ない者についても慎重になった方がよろしい。

何を考えているのか分からない、というのがベースですし、人間(だった者)ですから、考えなど次第に変わって言ってもおかしくありません。

 

黒白思考といいますか、物事を割り切って考える時余裕が無いないですし、決め付けやすい状態ですから、重要事項のことはペンディングにして、自分の生活に戻った方がよろしいと思われます。

 

新宿へ・・・そして佃煮作り②

文章が長いので切りました。

 

大久保から帰ります。

牛込柳町牛込神楽坂飯田橋北を通ります。
f:id:Nightapollon:20210516005159j:image地下の入口はどこ?

異種格闘技戦があるのは分かりますが、いま問題なのは伝統武術を格闘技がフルボッコにしている点です。

「餅屋は餅屋」

と、言いますが武術は生きる術(すべ)です。

本部師範が暗器や武器を多用しますが、リングだけならレスラーが強いに決まっています。

あれで喰っていたいるのですから、怪我や傷を作らないようにパフォーマンスします。

1時、レスリングが「やらせ」と言われましたが、毎回怪我が多発するようならば、次第に選手が居なくなるのが当たり前です。

そういう意味ではレスラーも職人です。

 

歩けば武術になると合気のあの方は言いましたが、戦うも、避けるも、逃げるも、出会わないも、武器使用も、不意打ちも、全て使うのが武術・・・伝統武術ではないか?と私は思うのです。

f:id:Nightapollon:20210516010326j:image湯島駅

台東区アメ横はすぐ先です。

とある記事には緊急事態宣言なのに、昼から沢山の酔っ払いが居るとありましたが、ガード下は真贋の文化ですから、何があってもおかしくない。

 

30年前の羽振りの良い頃は毛ガニ5つ¥1,000でしたし、買う側もどこか鍛えさせられた所があります。

なんせ、冷凍赤身が5時間は溶けねぇ!なんて売っていましたから、そこは選ぶ側が賢くなければなりません。

もちろん今の時間は松屋多慶屋は閉まっています。

f:id:Nightapollon:20210516010838j:image厩橋からのスカツリ。

地味です。

緊急事態宣言の影響に違いありません。

隅田川に架かる橋さえも彩りが抑えられています。

目を凝らさないと塔が見えない。
f:id:Nightapollon:20210516011025j:image押上駅前のスカツリ。

全く地味です。

「大人しくせよ!」という忖度丸出しのメッセージでしょう。

今日もCOVID変異体の警告トラックが出回っていました。

「早くお家に帰りませう」

と、延々アナウンスされていました。

f:id:Nightapollon:20210516011302j:image東向島付近。

今日は水戸街道(R6)から帰ります。

蔵前橋通り、千葉街道などありますが、このルートは穏やかです。

八広、立石を通りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰っても仕事は続きます。
f:id:Nightapollon:20210516011610j:image昨日のシオフキ、ホンビノス。

酒蒸しの要領でむき身にします。

f:id:Nightapollon:20210516011701j:image貝焼き状態のホンビノス。

1個だけですので、熱々をその場で頂きました。

貝焼きは焼きたてが美味い🐚

f:id:Nightapollon:20210516011820j:image一方のシオフキ。

フリル(外套膜)を捲り、水洗いしながら砂を落としていきます。
f:id:Nightapollon:20210516011951j:image左廻しで洗います。

余裕があれば濃い塩水がよろしい。

何回洗えばいいの?とツッコまれますが、試しに喰ってみればいいのです。

シオフキですから、100%上手くいくとは残念ながら、ながら言えません。

f:id:Nightapollon:20210516012158j:image妥協がどこかで必要です。

見た目が気にならなければこのまま調理しましょう。

f:id:Nightapollon:20210516012313j:imageジンジャーパウダーもあります。

今回は佃煮にします。

f:id:Nightapollon:20210516012352j:image三番瀬の幸が佃煮にされる。

もちろん、酒蒸し状態のをワサビ醤油や生姜醤油で食べても美味しく頂けます。

我が家ではアオヤギの代用品です。

そういえば、最近はアオヤギも見なくなりました。

貝類は場所も関係しますが、季節により湧く時と湧かない時の当たり外れがあるようです。

f:id:Nightapollon:20210516012650j:image香ばしい香りがします。

トロットロになり、飴色になれば完成です。

ジャムを作るのが得意な方は佃煮作りも上手いはずです。

f:id:Nightapollon:20210516012808j:image一気に食べてはなりません。

塩分過多なので血圧が上がります。

酒の肴はもちろん、白飯にも、しみじみと味わうのがよろしい。

 

(o´д`o)「はぁ~今日は長かったー」

新宿へ・・・そして佃煮作り

昨日のダメージが若干残っています。

仕事にせよ、遊びにせよ、何がするのは「疲れ」より「ダメージ」として扱った方が良いのではないか?と思うようになりました。

まぁ、元から私はか弱いです。

でも、ダメージと思っておけば、仕方ないか!としてジッとして休めます。

要は意識の問題です。

 

ジッとしていられない私が向かうは新宿。
f:id:Nightapollon:20210516002710j:imageまずは亀戸梅屋敷。

「復活」の文字が東日本の福島の復興途中を思わせます。

復活というと、完璧や完全さをイメージしますが、物事は100%完全にいくとはどうも思えないのです。

復活の文字から、勢いが大事というメッセージを受け取りました。

f:id:Nightapollon:20210516003046j:image亀戸カメリアからのスカツリ。

正確にはカメリア手前です。

「レバニラ丼」で有名になった中華屋さんがあります。蠱毒・・・いや、孤独のグルメ効果です。

あの回は主人公が、若いお姉ちゃんが振り回す自撮り棒を避けながら、レバニラ丼を喰っていたような気がします。

レバニラ丼¥1,100-1,200くらいでしょうか?

主人公の懐具合の良さが感じられます。

f:id:Nightapollon:20210516003350j:imageオリナス錦糸町

オリナスを意識せず周辺をグルリと廻れば下町とわかります。

周りには新しいマンションが建ってきてます。

蔵前橋通りは飲食店が多く、千葉方面側のどこかの寿司屋は美味いと聞きます。

f:id:Nightapollon:20210516003726j:image御茶ノ水駅手前の中央・総武線

いわゆる「萌え」の街です。

ヨドバシに用がありましたから立ち寄りました。

決して萌えていたわけではありません。

たぶん「萌え」文化は街が壊滅するまで続くかもしれない・・・いや、壊滅あとも復活するかもしれません。

f:id:Nightapollon:20210516004012j:image市ヶ谷駅

日大、法政などミドルアッパークラスの大学が辺りにあります。

春は高校生向けパンフレットを配る進学塾の人が目立ちます。

(´・ω・`)「私も上の学校行きたかったなぁ」

f:id:Nightapollon:20210516004242j:image東新宿駅あたり。

朝鮮食材を扱う店が多いです。

大久保にかけて街は韓国に染まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、フリーな時間とかなりました。
f:id:Nightapollon:20210516004504j:image大久保通り。

新大久保駅大久保駅の間は異国の匂いに満ち満ちています。ブラジル、タイ、ネパール、インド、中国など、こちらに韓国があるのは余り目にしません。

f:id:Nightapollon:20210516004734j:imageネパール八百屋で水菜¥100。

1つ¥25です。モヤシくらい安い。

いま・・・20時くらいはお弁当や惣菜が半値になりますから、珍しいネパール(インド?)弁当を試すのに適しています。

ちなみに今宵、イチゴがワンパック¥198でした🍓

 

②へ。

隙を見て行く三番瀬

シフトと天候に恵まれたので、久々のお遊びタイムです。

さて、休日の今日は郊外に行ってきました。

f:id:Nightapollon:20210514203553j:imageフルーツ(桑)が実りだしました。
山梨まで¥1万払って行く事はないです。

近場でフルーツが採れるなら無理する必要もありません。

1万って、あなた・・・私の生活の○○分ですよ!

f:id:Nightapollon:20210514203943j:image菜花はマスタード化しています。

野食界隈ではこの種を一粒一粒とり、自家製マスタードにしていく途方もない作業をするそうです。

決して…

(´・_・`)「百均でチューブカラシ売ってるよ!」

など、と言ってはいけません。

袋叩きにあうかもしれません。

f:id:Nightapollon:20210514204231j:imageViViD船橋

2F食堂の名称の凄い当て字は、実際に行って御覧下さい。

ららぽはPに入るまでが疲れますから、ここに停めてから目当てのショップ目掛けて行くくらいなら、まだ許せる範囲です。

あれこれ巡ってもらうのは一人、嫁に任せておきましょう。

f:id:Nightapollon:20210514204700j:image船橋三番瀬公園バスストップ。

車(2輪)がないとたぶん孤島な場所です。

いまは、シーズンでバスがありますが、丸善を廻るルートだけの時期は公共交通は少なくなります。

誰も彼も二枚貝目当ての方々でした。

f:id:Nightapollon:20210514205019j:image広大な干潟です。

潮干狩り会場のアミアミの囲いと、欄干の先の沖からは漁業権があるとお知りおき下さい。

人が少ないですが、路Pしているのでしょうか?欄干のある方は釣りするには好ましい場所でもあります。

正門からは約800mはありますから、行き帰りで疲れ、二度と来たくなくなります。

f:id:Nightapollon:20210514205609j:image飲料を補充します。

公園の水はタダです。

無料です。

 

さて、また干潟に戻り貝堀をする私ですが、上げ潮ですから、本来の潮干狩りのやり方とは違います。

(`Д´)「早よ来いや!」

な話ですが、仕方がない。

できる範囲でやるしかありません。

実は上げ潮は狙い目なのです。

海水が満ちて来て浜を満たしますから、当然、貝類も気づいています。

水が来てますから、一刻でも早く殻の中身を水で満たしたい。

ゆえに、深いところから浅いところにやって来るようです。

 

まぁ、水に砂が濡れて人間が掘りやすいのもありますから、事実はどうか知りませんが、採りやすければ何でもいい。

f:id:Nightapollon:20210514210254j:image成果。

お米の袋がプカプカと流れてきましたので活用しました。

プラスティックが少しなくなり浜が綺麗になるでしょう。

f:id:Nightapollon:20210514210423j:image地べたに広げると成果も生々しく感じられます。

 

・あさり 数粒

・シオフキ 多数

・ホンビノス 1

・ハ○グリ 数粒

・オキシジミ 3つ

 

持ち帰りはシオフキくらいです。

他は少なく、まだ子供でしたのでリリースしました。妖怪は「子供は柔らかいから美味い」といいますが、海洋資源が枯渇してしまいますから、大きくなってもらいましょう。

f:id:Nightapollon:20210514210844j:image夕暮れの真間川河口。

対岸は市川市です。

その向こうは江戸川河口です。

なお、航路でしてタンカーや大型船が頻繁に行き来しますから掘り下げてあります。

f:id:Nightapollon:20210514211107j:image潮干狩りには危険です。

死人も出ています。

軽装備、重装備問わず、潮干狩り気分で入るには無防備過ぎます。

いまは上げ潮ですから陸への潮と強い南風が吹きます。潮目の読み方も熟練しなければ危ないです。

 

最近、マリン前で(※)溺死がありました。

警備がキツくなり私の漁場も暫くはお預けでしょう。

f:id:Nightapollon:20210514211433j:image穏やかさが、かえって油断させる。

あの、堤防辺りで飛び込みをしていたらしいですが、離岸流はもとより、急に深くなり濁りますから、パニックを起こしたのかもしれません。

また、画像テトラの深さは6mはあると釣り師のご老人は語っていました。

(※)マリンスタジアム前の浜田川。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

帰宅しました。
f:id:Nightapollon:20210514211800j:image今日の成果を眺める。

シオフキは砂を吐かないので嫌われますが、やり方次第です。我が家ではアオヤギの代用品です。

ボイルして刺身で頂けます。

BOSEコンニャク氏のサイトでは、時折市場でも入荷するそうですから、料理は工夫というのを物語っています。

f:id:Nightapollon:20210514212043j:image帰りの店で2粒¥216でした。

ホンビノスは貝焼き以外に使い道があるのかしら?

デカい一粒を四つ切りにしてまで利用するなら、あさりを買った方が良さそうです。

f:id:Nightapollon:20210514212229j:image海水を汲み忘れましたので3%人工海水を作ります。

暗室で(なるべく)砂出しとデトックスをさせ、明日「その時」を待ちます。

 

~オマケ~

成果に「オキシジミ」と書きました。

オキシジミは朝鮮料理に合うらしいですが、私は試したことがありません。

ケミカル臭がするとのことで、潮干狩りの外道ですが、私もボイルで食べたところ、確かにケミカル臭がありました( •́ฅ•̀ )

江戸川河口で良く見かけますが、牡蠣同様に水質浄化に専念してもらった方が良さそうです。

意地でも開催不明な五輪

「仕事とは嫌なことをしてカネを貰うんだから仕方ない」とは言いますが、分かっちゃいるけど辛いものです。

帰りの某巨大古書店にて、バイトが仕事として本を扱う姿は生活のためにやっているんだな、と感じさせる言動がありました。

 

誰かのためになるのは間違いないことですが、その効果と目的が一致しないことに、生きていることの最大の矛盾を感じてしまいます。

 

古い人などは才能など限られた人だけのものだ、といいますが、果たしてどれだけの人が腑に落ちて生活しているでしょう?

残念ながら、生活…仕事などを四六時中していれば、自分の好きなことや得意だったことが忘れ去られ、生活しなければ!という薄い強迫観念のようなものに取り憑かれます。

 

上の学校に行った知人などは、堅実な選択をしたが果たして面白い選択だっただろうか?とたまに語ります…いや、愚痴かもしれない。

理科がやりたいというのは分かりますが、電気や工学なら、生活に必要ですから、食いっぱぐれがない。

 

ましてや、(純粋)数学や、天文学、地学などで喰っていけるのか?といえば、喰ってやって行ける人のほうが少ないかもしれない。

 

北大のクラーク博士などは「大志を抱け!」と豪語しましたが、それに続く言葉が載っていました。

「紳士(淑女)たれ!」と。

まぁ、これは紳士のスポーツと言われる競技から来ているのかもしれません。

モラルを外在化させるのではなく、モラルを内在化させるというか。

S医師のいう倫理とはなんぞや?という考えさせる授業が好ましい、と言うのに通じるのやもしれません。

 

さて、五輪をやるのかやらないのか。

f:id:Nightapollon:20210513221020j:image竹橋の五輪筒(1週間前)。

未だに2020というのが見ていて切なくなる。

あるいは、幻だったと言って希少性を持たせる寸法のかもしれません。

使えるものは善悪なしで何でも使うのが企業家であり経営者であります。一見よさそうに見えても、内実にとんでもない事情が隠されていなくはない。

 

数字などは如何様にでもなりますし、暗数・端数の部分では測れない、測定不能な状況はいくらでも、とりあえずは無視できるなどはあるのです。

 

森川さんの本によりますと、北欧などは工夫をする文化だと言います。

それがダメなら次の手を!なのでしょう。

 

ヌポンのように、これができないのは何故?と問い詰め、精神論や根性論、玉砕覚悟で心身を損なってまで遂行する態度は誰のためでしょうか?

人のため?いや、本人を殺してまで遂行するのは無駄死にと言うのです。

次がない。
f:id:Nightapollon:20210513221020j:imageもう一度、見てみましょう。

何とも意地やヤケクソを暗に感じさせるのは、私の皮膚感覚がイカれているからでしょうか?

 

手前は皇居ですが、坂口さんでさえ無菌でガラス箱に大事にされる方々と言います。

まぁ、考えの延長に王朝復興な匂いもしないでもないですが、よく言えば直接的に人助けなどが出来るが、反面やることが直接的なので、刑罰が出た場合は間のクッションがなくなる。

大王の前で首切り刑などが発生する可能性がある。

 

銀行やお菓子会社、工場などが未だに五輪のポスターをするのは、たぶん隣を見てしたのでしょう。

隣というのがまた、巨大な権力装置ですから、1目置かないわけにはいかない。

装置の意見や言動にコロコロ態度を変えて合わせていたら間違いはない。

 

茨城で五輪看護士が辞退したケースがありましたが、立場画悪くならない覚悟で望んだのでしょう。

 

レスキューな本ばかり

最近は森川さんや坂口さんの本を読んでいる。

なぜ、彼らの話に惹かれるのか?

現実味…いや、過酷な中から現れた物語は強い。

 

彼らについての1面しか見ていないが、こう…自分が1番とか偉いみたいなことを言わないから、真実味が強いというか。

 

ネガティブ物語が一時期、世の中で飽食になった時期があった。

要はそれで儲けようとするスタンスがあるからだ。

不幸話には定型があるというが、パターンさえ覚えれば、誰だって描ける。

 

不幸が不幸で終わるのは救いようがない。

しかし、消費モノはその残酷さ加減を大抵は克服させたり、悲劇の結果で終わる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そういえばDr.松本の本も読んだ。

先代の技は参考にするが、分かってきたことや、時代への対処の仕方が、水物ではないか?そんな印象があった。

 

発達障害は世の中へ受け入れられるための言葉ではないか?

鬱、鬱というが、私は鬱という人は残念ながら、1人も見たことがない。

発達障害とか言う事でようやく、世の中に受けいれられている、納得させているのではないか?

 

 

「島の人達は人の話を聞かない」を読む

この前、紀伊國屋書店で森川さんの本を手に入れました。

f:id:Nightapollon:20210511202959j:imageパッと見ではとんでもないタイトルだ。

フィールドワークや池袋での困窮者へのヘルプ、執筆活動、診察室など、かなり精力的に動かれているのだと感じました。

 

この後に書かれるオープンダイアローグの触りを書かれていますが、この本も重要な1冊だと思います。

あとで読み返し、勉強できるため付箋をいくつも貼りました。

歳をとれば情報が入ってきても、留めておくのが難しいからです。

 

ネタバレまっしぐらなため、連想や印象を書くことにします。

(´-ω-)「・・・」

 

これも大事かもしれませんが森川さんは菜食主義だそうです。

初めて知りました。

医師の意見では菜食主義を通すのもそうだが、体調を維持するのも大変なことだ、というのがあります。

 

また、菜食主義などいかん!何でも食べないとならん!というのが、たまにいます。

雑食は逞しいかもしれませんが、世の中で菜食主義を通すのも逞しいと思います。

一人、肉しかない環境を耐えなければなりませんから🍖

また、菜食主義をひとつの性質(=個性)と見るなら、「菜食主義など許されない」というのは、自分の意見に従わせただけでしょう。

ファッショへの道に続いています。

一様性は強権主義と同じではないか?

 

本書では地方でも自殺の少ない地域を巡っていますが、コミットメントは緩く広く・・・という感じがこのルポを見る限りします。

また、都市ではコミットメントはキツく過密だというのも頷けます。

 

さらに、「私とはなんぞや?」というのが分からなければ、都市にいた方が良い云々のニュアンスもありました。

これは、都市の無個性さが暗に意味されているのかもしれません。選ばれたモノが登場するビルのモニターは、競争して勝者が映されるのですから、忖度として・・・競争は付き物だぞ!という暗示があります。

 

自然とはどうにもならないところがあります。

どうにもならないのだから、手段はいくつあってもいい・・・に繋がりそうです。

単一で洗練されたモノ、当たり前で確実なモノだけでは、人間文化のあるところでしか通用しないのです。

 

たしか、中井先生でしたか?

患者を狂わせるなら、周りも狂わなければならないというニュアンスを残されたのは?

周りは患者のおかしさを正論という槍で突いてきます。

おかしい、狂うというのは、ある意味周囲から発せられる呪いや暗示ではなかろうか?

集団的に観ると、ひとつ狂うのを見つけたり、狂わせたりすれば、そう言っていられるのは正しくなる。

妙な論理です。

 

正常異常については「なだいなだ氏」の狂いきちがい考がありますから、あれを読めば分かってきます。

要は程度の問題なのです。

どの程度、おかしいのか?

逆にどの程度、正しすぎるのか?

 

それを踏まえて言うならば、森川さんは「環境により人はおかしくなる」というニュアンス(※意訳)を書いていました。

環境が病を作る。

極端を言えば環境によりどうにでもなるということでしょう。

 

間違いなく、正しさや正論というのは使いようによっては、支配欲や権力欲を満たす最高のツールになりえます。

相手に対してイラつく、当たり散らすなどは「俺様の言う事を聞け!」という事になりますし、残念ながら世の中には、一定数のそういう人間が居るのです。

 

また、私も勉強不足ですが社会体質といいますか、官僚制(権威性)なものは上から下まで皆、真似るといいますが、構造的にそうなるのは構造上の問題だとも言えます。

だって、そういう文化やシステムがあるからこそ対話も無ければ疑問も自分の意見も封じられた方に生活が向いていくのですから。