Nightapollon’s diary

元のブログが行方不明になり作り直します。時にディープな事を言いますがスルー(見逃)してください。

梅雨末のホンビノス狩り

(*´Д`)「完全に寝坊助だぜ!」

昨夜、気付いたら気絶して寝入っていた様です。

いつ寝たのかも定かではありません。

袖ヶ浦も行きましたし、それなりに疲労があるのでしょう。

 

さて今回、本当は野島公園行きのはずでしたが、寝坊助をやりましたから、近場で何とかします。

f:id:Nightapollon:20210711201252j:image千葉街道→小バイパス。

抜け道は地元民しか知りません。

COVIDも末期と早とちりした車が、R14を並びに並んでいます。

f:id:Nightapollon:20210711201456j:image船橋、谷津など断続的に混雑。

市場があったとこに小綺麗なアパートが建っていました。

商店や雀荘などあり、どこか崩れた感じで親しみのあるとこでしたが、時代の波には敵わなかったようです(´;ω;`)

f:id:Nightapollon:20210711201750j:image新習志野駅

5-10分ほど必要品を買います。

大潮は1時間前に過ぎていますが、少しくらい遅くとも変わりません。

f:id:Nightapollon:20210711202016j:image十六茶が¥98。

有り得ない安さです。
どこぞの東南アジアの人が来て、物価があまり地元と変わらないと言ったそうです。

(´・ω・`)「ここは先進国?」

f:id:Nightapollon:20210711202247j:image素晴らしい眺め。

空は晴れ渡っていますが、夕方からは雷雨になると言います。早く帰らねば。

しかし、潮は殆ど満ちていますから、潮干狩りと言うには程遠い。むしろ潜って獲物を探るから「狩り」と言った方がよろしい。

残念なことにこの海域は、夏は赤潮に覆われるので新習志野の駅まで匂うことがあり、入水すれば身体も臭くなります。

8月は控えた方が良さそうです。

 

すでに、始まっている赤潮の濁りが強く透明度はありません。これでは、海藻が光合成できるはずもなく育たないわけです。

砂地を満ちた潮のなかで暫く頑張ります。

f:id:Nightapollon:20210711203249j:image成果。

やはり「ホンビノス人口」は増加してるに違いありません。

これが5年目前なら3倍はいっていたでしょう。

ホンビノスのクセというか、砂礫を好み、砂地を嫌いますから、沖の砂地に居ないことが多いです。

ゆえに、浅瀬のところで人間に捕まるのです。

 

正直、アサリが喰いたいです。

シオフキは散々喰って来ましたが、あの臭みというか疑似アオヤギばかり喰うのも飽きてきました。

東京湾の潮干狩りスポットは今年、不作のようですが、確実な穴場を目指します。

 

アサリもどちらかと言えば砂礫を好みます。

砂や泥に居ることが少ないです。

まぁ、居れば採る感じですがやはり純粋な砂地には居ない。

そういうとこには、シオフキなどは居ないから好都合です。そんなんで、味噌汁くらいの量を確保します。

f:id:Nightapollon:20210711204054j:image酷い雲がやって来た。

いわゆる「爆弾低気圧」というヤツでしょう。

古風に言えば単なる通り雨や夕立ちでしょうが、言葉にも流行りがありますから、古老は黙っておきます。

古臭い、漢字が多い、加齢臭が汚染源などと、嫌味タラタラに言われます。

もし、海上ならキャプテンが指示を出す天候です。もちろん、私も漁を引き上げ次に進みます。

f:id:Nightapollon:20210711204517j:image通称:何でも屋

AEON幕張新都心です。ちょっとした買い物くらいできるでしょうか?雨が心配です。

f:id:Nightapollon:20210711204648j:imageこれはヤバイ。

一応、濡れてもいいくらいにしておきます。

こんな奇妙な空は見たことありません。

f:id:Nightapollon:20210711204825j:imageやられました。

新習志野のホームズで暫し雨宿りです。

神仏の怒りのような落雷がバチバチ落ちます。

1/10万で落雷死するといいますが、これではとばっちり喰らってもカタワ(※)になりそうです。

(※)ハンディキャップを被るということ。

f:id:Nightapollon:20210711205238j:image止みましたがどんよりしてます。

梅雨末は天候が不安定です。今のうちに逃げましょう。

f:id:Nightapollon:20210711205350j:image総合成果。

ホンビノス、アサリ、シオフキなど。

まぁ、あんな雲がやって来たらすぐ引き揚げないわけいきません。

f:id:Nightapollon:20210711205533j:imageこんな雲です。

しかも、風は強く滝行のような降り方をして、雷つきですから、波も荒れたに違いありません。

 

貝類は砂出し兼デトックスをしてもらいます🐚